ローヤルゼリー情報局

前へ
次へ

ローヤルゼリーのロイヤラクチンとは

健康食品の代名詞でもあるローヤルゼリーですが、もともとは、ミツバチの女王蜂だけに食べることが許される、特別食です。

女王蜂は、ローヤルゼリーを食べることで、働き蜂の実に3倍の大きさの体長と、30倍もの寿命を手にし、卵を1日に2000個も産む、驚くべきエネルギーを手に入れます。
実に驚くべき生命力です。

では、ローヤルゼリーの中の、一体どの成分が、それだけのエネルギーと生命力を女王蜂に与えているのでしょうか。

そもそも、働き蜂と女王蜂にどういった違いがあるのかというと、大きな違いはたった一点。
女王蜂はローヤルゼリーを食べ、働き蜂は食べない。つまり、女王蜂を女王蜂たらしめているのは、間違いなくローヤルゼリーなのです。

しかし、ローヤルゼリーの何が女王蜂に驚くべき生命力を与え、女王蜂たらしめているのかは、長い間、謎に包まれていました。

ローヤルゼリーが人間の体に与える健康効果や、含まれる様々な栄養成分については、研究により順次、解明されてきたのですが、女王蜂に与える生命力の源の解明には、長い時間を要したのです。

そうして、長い研究により発見されたのが、ロイヤラクチンです。
ローヤルゼリーの中に含まれる、ロイヤラクチンこそが、女王蜂の体を働き蜂の3倍もの大きさにし、30倍の寿命と1日に2000個の卵を産む生命力を授けていたのです。

ローヤルゼリーに含まれる、ロイヤラクチンを摂取することにより、女王蜂は大きな生命力を手にするのですが、既に成長してしまった働き蜂がローヤルゼリーを食べても効果はありません。

生後2日から4日以内の幼虫にしか、ロイヤラクチンはその生命力を授けることはありません。まさに女王として選ばれた幼虫のみに、その効果を発揮するということです。

ちなみに、生後間もないハエに、ロイヤラクチンを添加して育てたところ、通常では考えられない大きさの、まさに女王バエに育ったという実験結果もあります。

このロイヤラクチンが人間に体にどういった影響を与えるのかは完全にはわかっていませんが、ローヤルゼリーのもつ若返り効果の、重要な因子なのではないかと考えられています。

実は、ローヤルゼリーには、まだ解明されていないことも多く、ローヤルゼリー特有の成分であるデセン酸も、その正体が完全には解明されていません。その効果については今でも研究が行われています。

非常に優れた健康効果を持つことが実証されているローヤルゼリーですが、今後、さらなる効果が研究により解明されるかもしれません。

女王蜂にのみ与えられる、エネルギーと生命力を、あなたの健康習慣にとりいれてみてはいかがでしょう。

ページのトップへ戻る