ローヤルゼリー情報局

前へ
次へ

ローヤルゼリーとインスリンの働き

優れた栄養成分を持つ、健康食品として注目されているローヤルゼリー。
ローヤルゼリーが注目されている理由のひとつに、デセン酸という、ローヤルゼリー特有の成分が持つ、優れた効果があげられます。

デセン酸という、ローヤルゼリー特有の成分は、インスリンに似た働きをすることで注目されています。

インスリンには、食事により取り入れたブドウ糖をエネルギーとして使えるようにするという、非常に重要な働きを持っています。

ちなみに、そのブドウ糖は、血糖とも呼ばれます。
血糖の量に対して、インスリンの量が不足してしまうと、血糖がエネルギーとして正しく処理されなくなってしまうため、結果として、血糖がどんどん増えてしまいます。

ちなみにインスリンの量が充分であっても、インスリンの働きが弱い場合、やはり血糖は増加してしまいます。

インスリンの不足、弱体化により血糖が増えてしまうと、糖尿病にかかるリスクが非常に高くなってしまいます。

ちなみに、糖尿病にかかってしまうとインスリンの注射が必須となり、症状によっては毎日インスリンの注射が必要になってしまい、同時に、厳しい食事制限と糖質制限が必要になります。
糖尿病は最悪の場合、命の危険さえともなう、非常に怖い病気なのです。

ローヤルゼリーに含まれる、デセン酸は、インスリンに似た働きをすることで、血液中のインスリンを安定させると同時に、活発化するよう働きかけることで、血糖の上昇を防ぐ効果があります。

ローヤルゼリーを摂取することで、糖尿病を治療できるという訳ではありませんが、食事制限と糖質制限にあわせて、ローヤルゼリーを摂取することで、症状を緩和させる可能性は充分にあります。

特に、まだ糖尿病にかかってはいないけれど、糖尿病予備軍とされている人には、ローヤルゼリーは非常に高い効果を発揮してくれるでしょう。

もちろん、ローヤルゼリーを摂取するだけでなく、同時に食事制限なども必要ですが、継続的にローヤルゼリーを摂取することで、徐々に効果を発揮し、食事制限の厳しさを緩和させ、食の楽しみを広げてくれることでしょう。

毎日の健康習慣に、ローヤルゼリーをとりいれて、病気のリスクを下げ、健康で快い生活を手に入れましょう。

ページのトップへ戻る